1. ホーム
  2. 正しいダイエットと間違ったダイエット
  3. 間違ったダイエット
  4. ≫ダイエットに成功しないための5つの間違ったダイエット法

ダイエットに成功しないための5つの間違ったダイエット法

世の中のダイエッターの心理を利用したダイエット情報に惑わされ、一生懸命「間違ったダイエット」をしている人がたくさんいます。そこで、間違ったダイエットとはどのようなものなのかを解説しておきます。

バツ印の女性

ダイエットに成功できないのは、あなたが悪いのではありません。

「キレイになりたい」

女性であれば年齢問わず、みなさんが思っていることですよね。でも、どんなにがんばっても思い通りにやせられず、結局はリバウンドしてしまったり、ダイエットを始める前よりも体重が増えてしまったり、つらくなってやめてしまった・・・という経験を繰り返しているのではないでしょうか?

食べる量を減らしてみても、流行りのダイエットをやってみても、大好きなケーキやチョコをガマンしてみても、どうしても上手くいかない・・・。

「なんでこんなにがんばっているのにやせられないんだろう・・・」
「ただキレイになりたいだけなのに・・・」

そんな風にダイエット前は「絶対にやせてやる!」と意気込んでいたのに、鏡の前には思い通りに痩せない自分が映っていて、がんばっていた気持ちが折れてしまうんですよね。でも、それはあなたのせいではありません。

「体重が減るだけじゃなくて・・・」
「胸は残して」
「キュッとくびれたウエストに」
「スラッとした脚になりたい!」

この思いは間違ったダイエットに走らず、あなたの「間違ったダイエット知識」を捨てることで叶います。

間違ったダイエット知識って何?

「この前テレビで特集されていたのを見たから」
「モデルが雑誌でこうしてやせられたって語ってたし」
「友達からこれならやせられるって聞いたんだけど」

ダイエットに関心がある人であれば、少なからずダイエットについての知識があると思います。しかし、その知識が正しいものなのか、間違っているものなのかを、ハッキリと自信を持って答えられる人は少ないのではないでしょうか?

最近ではダイエットというものが本当に身近にあふれ、テレビや雑誌だけではなく、ネットでもいたるところに「ダイエット」の文字がありますよね。この状況はダイエットに長年関わってきた私としては、純粋にうれしい気持ちもありますが正直にお話しすると、複雑な気持ちの方が大きかったりするんです。

なぜかと言うと・・・テレビや雑誌、ネットで取り上げられる流行りのダイエットの中には間違った知識による危険なダイエットが多く存在するからです。もしかするとあなたが正しいと思っているその知識さえも・・・間違っている可能性があるのです。そこで、代表的な「間違ったダイエット法」を5つご紹介しておきます。

短期間ダイエット

女性バツ

よく、「○日間でマイナス○キロ!」というような短期間で体重を落とす目的のダイエット広告が多くみられます。確かに数日間、食べる量を減らせば体重は減ります。しかし、それは一時的なもので、元の食生活に戻せば一瞬で体重は戻るどころか、 ダイエット前よりも増えてしまう可能性が高いダイエット法です。

その理由は、短期間に急激に痩せると、脳内で「体が飢餓状態にある」と判断されるからです。ダイエットをやめて元の生活に戻した途端に、エネルギーを急激に吸収しようとするのです。厄介なことに、そのエネルギーは全て脂肪として蓄えられてしまいます。

また、短期間で体重を落とすには極端な食事制限は欠かせません。当然、栄養不足になり、ダイエット前より代謝が落ちてしまいます。

こうして、無理な短期間ダイエットは急激にリバウンドするだけでなく、脂肪量が以前よりも増え、代謝も下がり、再度ダイエットをしようとすると「なかなか痩せない」という最悪の事態に陥るのです。

置き換え・単品ダイエット

バナナとリンゴとグレープフルーツ

「毎日○○を食べるだけ」
「3食のうち、1食を○○にするだけ」

など、誰でも「これなら簡単にできるかも」というようなダイエット法が食品を変えながら、今もなお次々に生まれています。しかし、太ってしまった原因というものは、偏った食生活や不規則な生活スタイル、 日常のストレスなど・・・様々な問題が重なっているものです。

それにも関わらず、さらに単品ダイエットを行ってしまうとますます偏った食生活になり、栄養バランスも著しく悪くなるため、代謝も下がり、逆にどんどんやせにくい身体になってしまいます。

また、最近は栄養バランスを考えた「置き換えダイエット」も多く出回っています。それを一生継続できるのであればまだ良いのですが、途中でやめてしまえば、短期間ダイエットと同じ結末を迎えます。ダイエットは習慣化・継続することが大切です。

ハードな運動

腹筋する女性

「今度こそ絶対にやせてやる!」

気合いを入れて一生懸命運動する人もいらっしゃると思います。しかし、辛いハードなトレーニングを続けるのはなかなか難しく、途中で挫折してしまう人が多いです。男性の場合は筋肉量を増やしやすいため、ハードな筋力トレーニングを行うことで基礎代謝が上がり、食べたものを消費しやすいカラダになります。

しかし、女性の場合は筋肉がつきにくいので、筋力トレーニングによる基礎代謝の向上効果はなかなか得られません。むしろ、ダイエット初期にハードな運動を一生懸命してしまうと、固太りの原因となり、余計やせにくい身体になってしまいます。

また、ジョギングなどの有酸素運動をしているつもりでも、今まで運動をサボってきた人が必死になってハードな運動をすると、どうしても呼吸が乱れ、無酸素運動になってしまうのです。十分な酸素が取り込まれないと脂肪は燃焼しませんから、私は息が切れてしまうような運動はダイエット初期にはおすすめしません。

ダイエットサプリ

薬

「飲むだけで脂肪をとかす!」
「激やせ注意!1日○粒までにしてください」

など、劇的な効果があるように謳われているダイエットサプリがたくさん存在しています。しかし、実際にはほぼ効果はなく、海外製のダイエットサプリの中には、服用した人が死亡したというケースも報告されているほど危険なものもあります。

そもそも、サプリメントというものは「栄養を補助」するものです。ビタミンやミネラルなどの栄養バランスを考えてサプリメントを服用することは問題ありません。

しかし、飲むだけで痩せると謳う「ダイエットサプリ」に手を出すのはやめてください。あなた自身の身体を不健康にしてしまう危険なものか、あなたの財布の中身だけが痩せていくだけの可能性があります。

便秘薬

便秘の女子

間違ったダイエットを繰り返している人や、冷え症に悩まされている人によくみられる症状に「便秘」がありますが、その便秘を解消させるために便秘薬を服用し続けるという人もいます。しかし、飲み続けているうちにどんどん便秘薬が効かなくなり、1錠、また1錠と飲む量が 増えていき、それでも全然便秘が解消されないという事態に陥るケースが多いのです。

そして、便秘薬を飲むのをやめてみると、ますます便秘の症状が悪化してしまった・・・。そんな悪循環を起こしてしまう可能性が高く、そうなってしまうと体質を改善させるのにも時間がかかってしまいます。

体内から老廃物を排出させないと体重は減りませんので、便秘を解消するためには、薬に頼るのではなく、自然に老廃物を排出できるカラダに改善させていく必要があります。

短期間で楽して痩せられそうなダイエットを探し続けていませんか?

いかがでしょうか?まだまだ他にも間違った知識によるダイエット法は存在します。それでも当たり前のように「今流行りのダイエットはコレ!」と、テレビや雑誌などで特集が組まれてしまう・・・という現状があるのです。

そして、そういったダイエットは「短期間で誰でも簡単にやせられる」というイメージがあると思います。しかし、実際はどうでしょうか?
流行りのダイエット法を次々に実践してみても結局は、

「やせられなかった・・・」
「一時的には痩せたけど続けられなかった」
「やめたらリバウンドして、余計に痩せにくい体質になってしまった」

ではないでしょうか?
でも、それも仕方のないことなのかもしれません。ダイエット業界は女性の気持ちを上手く煽り、一時しのぎのごまかしダイエットやまったく効果のない方法を商品化して販売したりしている業者も存在するからです。

それゆえ、多くの女性は「キレイになりたい」という気持ちばかりが先走ってしまい、「正しいか、間違っているかなんて関係ない。簡単に痩せられるなら・・・」と、安易に実践してしまうせいでもあると思います。

ですが、私はそのような小手先のダイエット法ではなくて、何をしても痩せない体質から「痩せやすい体質」「太りにくい体質」へとゆっくり時間をかけて根本から「体質改善」することをおすすめしています。当サイトで、その方法を全て公開していますので、目を通してみてください。

次の記事:カロリーのことしか考えていない食事制限ダイエットの末路

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。