1. ホーム
  2. ダイエット成功マインド編
  3. ダイエット心理学
  4. ≫ダイエットに成功しないのは自律神経の乱れが原因?

ダイエットに成功しないのは自律神経の乱れが原因?

今回は自律神経についてお話しします。自律神経とは、交感神経と副交感神経がバランスをとり合って体の機能を保つ神経のことです。

ちょっと難しい話になりますが、ダイエットの成功を左右する大切な要素ですので、しっかりと知識として身につけてください。

肩こりの女性

交感神経と副交感神経の働き

まず、交感神経と副交感神経の働きについて、それぞれ理解しましょう。

■交感神経の働き
交感神経は、別名「昼の神経」と呼ばれ、昼間や活動的なときに活躍する神経。交感神経が働くと、瞳孔は拡大し、心臓の拍動は速くなり、血管は収縮して血圧を上げ、体はエネルギッシュな状態になる。

■副交感神経の働き
副交感神経は「夜の神経」とも呼ばれ、体を緊張から解きほぐし、休息させるように働く神経。副交感神経が優位になると、瞳孔は収縮し、脈拍はゆっくりとなり、血圧は下降して、体も心も夜の眠りにふさわしい状態になる。

この交感神経と副交感神経という二つの神経が、スイッチを切り換えるようにお互いがうまく切り替わりながら、カラダの各器官の働きを調節しているのです。そして、自律神経は体を動かしたり、寒さや暑さなどの物理的な刺激にのみ反応するわけではありません。精神的な刺激に対しても働きます。

例えば、強い恐怖やストレスを感じたとき、興奮したとき、激しい怒りを感じたとき、緊張したとき、悩みや不安を抱えているとき。こういったときにも、それらに反応して交感神経が働きます。

なかなか体重が落ちない原因は自律神経失調症が原因?

ストレス、悩みや心配事を抱えると、交感神経の興奮状態が続きます。夜更かしして生活のリズムが乱れると、本来なら副交感神経の働く時間帯に交感神経が働く状態が続くことになります。

そうなると、二つの神経の切り替えが上手くいかなくなり、交感神経だけが極端に偏って働くようになります。つまり、自律神経のバランスが崩れるのです。

自律神経のバランスが崩れると、各器官のコントロールが上手くできなくなり、体のあちこちに不調が出てきます。これが「自律神経失調症」と呼ばれるものです。あなたは下記のような症状がありませんか?

■主な不調
頭痛、耳鳴り、口の乾き、味覚異常、疲れ目、呼吸困難、動悸、めまい、立ちくらみ、のぼせ、吐き気、下腹部の張り、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる、手足のしびれ・痛み・冷え、多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ、頻尿、尿が出にくい、生理不順、肩こり、筋肉の痛み、関節の痛み、関節のだるさ、力が入らない

■全身症状
倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい

■精神症状
不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力がない、やる気がでない、些細なことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる

自律神経神経失調症になると、こういった様々な症状が出ます。この状態でダイエットを成功できるでしょうか?とても難しいですよね。

こういった身体の不調が続くと、免疫力や代謝が低下したり、食べた物は消費されなかったり、老廃物が体内に蓄積されやすくなってしまいます。そうなれば、体重もなかなか落ちなくなります。

つまり、自律神経が崩れてしまうと、いくらダイエットを頑張ってもなかなか結果が出にくいのです。

リラックスする女性

なので、ダイエットで体重が思うように減らなくて落ち込んだり、イライラするときもあると思いますが、

  • 好きな映画や読書をする
  • アロマのお風呂に浸かってリラックスする
  • 旅行をする
  • カラオケをする
  • 趣味を楽しむ
  • よく寝る

など、自分に合ったストレス解消法でストレスを解消することもダイエットを成功させるにはとても大切です。ダイエット自体がストレスにならないように、楽しみながらダイエットをしてくださいね。

自律神経が乱れると、カラダに様々な不調が起こり、代謝や老廃物の排出能力が低下するなどダイエットに悪影響を及ぼすので、ダイエットがストレスにならないように楽しく取り組む姿勢が大切です。

次の記事:健康的に簡単に体重を減らす方法~ダイエットに乳製品は大敵?

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。