1. ホーム
  2. 脚やせ・下半身太り解消集中講座
  3. 下半身太りの原因
  4. ≫下半身が痩せない原因~脚やせ・下半身太り解消集中講座~

下半身が痩せない原因~脚やせ・下半身太り解消集中講座~

脚やせ・下半身太り解消集中講座では、女性に特に多い悩みの「下半身太り」を解消するために、脚やせ・下半身やせに特化した対策方法をご紹介していきます。

脚やせ

なぜ、女性の脚はむくみやすいの?

気になる脚のむくみには、血液の循環が関係しています。私たちの体をめぐる血液は、動脈を通って全身に行き渡り、静脈に入って再び心臓に戻ります。血管からは水分が染み出していて、通常ならそのほとんどは静脈を通して吸い上げられ、残りはリンパ管によって体内に回収されます。

しかし、静脈やリンパの流れが弱まると、染み出た水分が戻りきれずにそのまま細胞間に滞ります。これが、「むくみ」となります。

脚(足)は、心臓から一番遠い部分にあるため、特にむくみやすいのです。血液が重力に逆らいながら心臓に戻るには、筋肉の力が必要ですが、女性は筋力が弱いので、男性に比べるとむくみやすいのです。むくんだ状態を放っておくと、それが下半身太りにつながります。

運動や食事制限だけでは下半身はなかなか痩せません

本来は静脈やリンパ管によって回収される水分が、そのまま脚に蓄積され、皮下になる脂肪細胞に入り込み、変質してしまうことがあります。これが、「セルライト」と呼ばれるゴツゴツとした脂肪のかたまりです。

セルライトは、血管やリンパ管を圧迫して、血行不良や冷えを招くため、さらにむくみを誘発してしまいます。しかもセルライトは、通常の脂肪と違い、老廃物などが複雑に絡み合っています。そのため、運動や食事制限によるダイエットだけでは、なかなか減らすことが難しいのです。

食事

よって、下半身痩せにはセルライトの元凶である「むくみ」を解消することが大切になります。

むくみとセルライトが発生する原因と影響

リンパの流れが悪くなる

細胞の代謝による老廃物や水分が溜まる

代謝がダウン

脂肪がたまりセルライト発生

肥大化したセルライトが血流をも悪化

栄養や酸素を含む動脈血も届きにくくなり、より代謝が悪化

細胞の働きがダウン

冷えやむくみになる


このように、下半身のリンパの流れが滞ったことが原因で、下半身太りはもちろんのこと、冷えや腰痛、便秘にもつながります。

下水道的役割のリンパ管が滞れば、免疫力もダウンします。免疫力がダウンすると、風邪をひきやすくなったり、頭痛がしたりと、不快な症状を招くことにもつながります。どんどんと悪循環の連鎖にはまってしまうのです。

下半身太りを防ぐには「セルライト予備軍」のうちにケアを!

脚を手で押さえるとボコボコ感がありませんか?もし、あるとしたらそれが「セルライト」です。リンパの流れが滞り、酸素や栄養不足の状態です。外見的にはほとんどわからない場合も、所々にプチプチ感があるというのは「セルライト予備軍」です。

他に、セルライト予備軍のサインとしては、

  • むくみやすい
  • アザができやすい
  • 傷やアザがなかなか治らない

などが挙げられます。心当たりはありますか?

このような状態になると、組織内では水分の停滞がはじまり、静脈やリンパ管を通じての老廃物の回収速度が遅くなってきます。細動脈や毛細血管の血液の流れはとても悪くなり、組織への血液供給が減っていきます。

スムーズに排出されない毒素が毛細血管を刺激し、炎症も起こるようになります。そして、リンパ液は組識内に溜まりはじめ、血液中のタンパク質が細い線維の間に定着し、セルライトとなっていきます。

しかし、「セルライト予備軍」のうちにケアをしっかりしておけば下半身太りにもなりません。セルライトになる前の「セルライト予備軍」の症状が現れた時点で早めのケアを心がけることが、下半身太り防止の第一歩となります。

女性は筋肉の力が弱いため、男性よりも脚がむくみやすい状況にあり、それが下半身太り、冷え、腰痛、便秘、免疫力の低下にもつながるので、セルライト予備軍の兆候が出てきたら早めにケアをすることが大切です。

下記の記事ではセルライト予備軍の解消に最も有効な脚のリンパマッサージ方法を動画で詳しくご説明しています。

次の記事
美脚になりたい人へ「脚のリンパマッサージ」のやり方

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。