1. ホーム
  2. エクササイズ編
  3. ≫脂肪燃焼&腹筋まで鍛えられる「横隔膜を動かす呼吸法」のやり方

脂肪燃焼&腹筋まで鍛えられる「横隔膜を動かす呼吸法」のやり方

美木良介さんの「ロングブレスダイエット」がブームになったように、ダイエットに「呼吸」は非常に重要な役目を果たします。そこで今回は、呼吸の重要性、横隔膜を動かす鍛える方法について詳しく解説します。

口呼吸ではなく、鼻呼吸を習慣に

あなたは日頃から意識して呼吸をしていますか?忙しかったり、ストレスがたまっていたりすると、どうしても呼吸が浅くなったり、口で呼吸をしてしまいがちです。細胞に酸素や栄養素が十分行き渡らなくなります。口呼吸は、空気中のほこりやバイキンが体に直接入ってきて、体によくありません。

一方、深い呼吸を鼻で行なうと、鼻は粘膜で覆われているため、バイキンが体内に入るのを防ぎます。深い呼吸により、酸素や栄養素を体の隅々まで行き渡らせることができます。

体内にたっぷりの酸素が取り入れられると、代謝も上がり、脂肪燃焼効果も高まるのです。酸素が脂肪の塊の中にあるリパーゼという脂肪分解酵素の働きを活性化して、どんどん脂肪を燃やしてくれるのです。

鼻呼吸を取り入れると、脂肪が燃焼する理由

おなかや二の腕の脂肪って気になりますよね。一度ついた脂肪はなかなか落とすことができません。しかし、鼻呼吸を意識することで脂肪燃焼を助けてくれます。というのも、この脂肪を主なエネルギー源としているのは「筋肉」です。そして、筋肉のもうひとつのエネルギー源は「糖質」です。

この2つの栄養素の違いは、

糖質:酸素無しでもエネルギーを生み出せる
脂肪:酸素無しではエネルギーを生み出せない

といった違いがあります。

ウエスト

脂肪は主に筋肉細胞のミトコンドリアの中に取り込まれ、酸素の力で分解されます。ミトコンドリアと酸素が結びついてエネルギーが生まれる仕組みを、「TCAサイクル」といいます。つまり、体の中に酸素が十分にないと、脂肪はこのTCAサイクルに入ることができません。その結果、脂肪はずっと体の中に蓄積されてしまうのです。

また、使われなかった脂肪は、エネルギー源が足りなくなった時のためにためておくという性質があります。人の体の約40%は筋肉でできています。つまり、その筋肉の細胞に酸素が十分に行きわたっていれば、無駄な脂肪は燃えやすいということになります。

最初から体に酸素がたっぷりあれば、運動をしたときでも糖質だけでなく脂肪も使われますから、脂肪は減っていくのです。反対に、体に酸素が足りていない状態であったとしても、しっかりと呼吸して、酸素を吸い込めば、知らず知らずのうちに酸素がムダな脂肪を燃やし、ぜい肉がなくなっていくのです。

あなたは酸素不足ではありませんか?

TCAサイクル、ミトコンドリアなど色々と難しいお話をしてしまいましたが、簡単に言うとこういうことです。

「呼吸をしっかりして、たっぷり酸素を吸えば、脂肪は燃焼してくれる」

簡単ですね。最近は、酸素バーや酸素カプセルなど、酸素関連商品を扱ったサロンも多く出回っています。当サロンの酸素バーも人気です。

2011年7月12日放送・テレビ東京「ものスタMOVE」取材動画

「手島優のTOKYO NEXT GIRL」より

酸素バーはダイエット効果はもちろん、疲労回復や美肌効果もあり、男女問わず人気です。下記に1つでも当てはまる人は、酸素不足が原因かもしれません。

●酸素不足が原因で起きる症状

  • 頭がボーっとする
  • あくびが多い
  • たっぷり寝たのにまだ眠い
  • 無呼吸症と言われた
  • 二日酔いになりやすい

なので、たまには酸素バーなどに行って、酸素を取り入れることも良いですし、普段から、深い鼻呼吸を意識していきましょう。

驚きの事実!鼻呼吸は腹筋まで鍛えることができます。

口で呼吸していると、あごが前に突き出て猫背になり、全身の血液やリンパの流れを滞らせ、むくみや肥満の原因になります。しかし、鼻で呼吸すると、自然と姿勢がよくなります。

そして、鼻で呼吸することにプラスして、横隔膜を広げるように意識して呼吸すると更にたくさんの量の酸素がカラダに入ってきます。横隔膜というのは、胸とおなかを仕切っている筋肉のことです。横隔膜を引き上げると、肺がタテにもヨコにも広がって体内に酸素がたくさん入ります。

また、積極的に横隔膜を動かすことで、自律神経の1つである副交感神経が刺激され、血液循環が良くなります。リラックス効果も期待できます。鼻で呼吸することでフェイスラインも締まり、腹筋、特に腹筋の真ん中を縦に走る「腹直筋」が鍛えられるので、腹部のたるみも解消されます。

朝晩の習慣に「横隔膜を動かす呼吸法」のやり方

それでは、横隔膜を動す呼吸法のやり方をご紹介します。ポイントは、横隔膜を動かすために、「口を閉じて、酸素を鼻から吸って鼻から吐くこと」です。横隔膜を広げるように意識して呼吸することが大切です。

■やり方
1 脚を肩幅よりやや広めに開いて立ち、両手を上げてバンザイの姿勢をとる。
横隔膜を動かす呼吸法1

2 背すじと首すじを伸ばしてあごを引き、口と目を閉じる。

3 口から息を吐き、おなかの中の空気を出し切る。
(7~10秒で息を細くゆっくりと吐く)
横隔膜を動かす呼吸法2

4 鼻から酸素を吸い、おなかをへこませて横隔膜を引き上げるようにする。
このときも口と目は閉じたまま。
横隔膜を動かす呼吸法3

5 鼻から息を吐き、おなかの力を抜いて横隔膜を下げるようにする。
このとき口も閉じたまま

6 4、5を3分くり返す。

この呼吸法は動画に収録していますので参照してください。

ぜひ、この呼吸法を朝晩の習慣にしてください。朝は、コップ1 杯のミネラルウォーターを飲んでから立って行って下さい。夜は、ベッドに仰向けで寝て行っても良いです。ダイエットに必要なのは激しい運動ではなく、しっかりとした呼吸で酸素を吸うことなのです。呼吸をするだけで酸素が得られます。お金もかかりません。

なので、

  • 1日の代謝を上げるために「朝起きたら呼吸」
  • 脂肪を燃焼させるために「寝る前に呼吸」

これを忘れないで下さい。お風呂で半身浴しているとき、ウォーキングのとき、「肩回し体操」や「腰ひねり体操」の時もしっかりと深い呼吸を忘れないで下さい。呼吸を意識して変えるだけでダイエット&美容効果が期待できます。激しい運動のように継続がツライこともありませんので、是非、毎日の習慣にしてください。

次の記事
産後太りで体重がなかなか減らない原因と解消法

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。