1. ホーム
  2. エクササイズ編
  3. ≫リンパの滞りを解消する「リンパマッサージ」を習慣化する方法

リンパの滞りを解消する「リンパマッサージ」を習慣化する方法

体がむくむ、ダルイ、疲れが取れない、痩せない・・・これらの症状のリンパが滞っていることも原因のひとつです。今回はこのリンパの働きや、リンパの滞りを解消するリンパマッサージを習慣化する方法についてお話しします。

リンパマッサージ方法

リンパの2つの働き「免疫」と「排泄」

まず、リンパの働きからご説明します。リンパには大きく分けて「免疫」と「排泄」の2つの機能があります。

■リンパの免疫機能
細菌から体を守り、病気にならないようにする働きです。リンパが合流する地点である「リンパ節」は全身に600箇所以上もあります。リンパ節は生体の「ろ過装置」としてフィルターの役割を果たしていて、老廃物や細菌が全身に回って病気にならないようにしてくれます。

また、一度かかった病気を記憶し、病原菌が再度侵入しても対抗できるようになる「リンパ球」によって、身体を守ってくれています。風邪を引いてウイルスに感染するとリンパ節が腫れるのは、実は、リンパ節の免疫システムがウイルスと戦って生体防衛をしてくれているからなのです。

■リンパの排泄機能
栄養と酸素は「動脈」が全身に運び、燃焼した後の老廃物は「静脈」が回収し、心臓に戻ってきます。そして、静脈に入りきれなかった老廃物は「リンパ管」が回収し、リンパ液となって、心臓、腎臓、膀胱を経て、体外に老廃物を排出します。

リンパが滞るとどうなるの?

眠そうな女性

リンパ管には、皮膚の比較的浅いところの静脈と平行して流れている「浅リンパ管」と、筋肉などの近いところにある「深リンパ管」があります。この2つのリンパ管が滞ると、下記のような症状の原因となります。

■浅リンパ管が滞ると現れる症状
むくみ、しみ、しわ、たるみ

■深リンパ管が滞ると現れる症状
筋肉疲労によるこり、しびれ、冷え、だるさ、
不眠、便秘、静脈瘤、外反母趾

適度な運動やカラダを温めることで、リンパは流れます。それでも、上記の症状が改善しない場合は、「リンパマッサージ」をおすすめします。リンパマッサージは継続して行い、習慣にすることが大切です。つまり、毎日の生活の中に取り入れる必要があります。

そこで、私が痩身専門店で働いていた時に教えてもらったリンパマッサージを必然的に習慣化できてしまう方法を、伝授したいと思います。

リンパマッサージを習慣化する方法

それは、お風呂でカラダを洗いながら、同時にリンパマッサージ&体操をしてしまうという方法です。あなたは毎日お風呂に入りますよね?カラダも洗いますよね?すでに習慣化されている行動に、ほんの少しプラスすればいいのです。

しかも、この「体を洗いながらのリンパマッサージ」は、かなり代謝が高まりますので、半身浴と組み合わせれば、これだけで1キロくらい落ちてしまいます。

ですので、これからご紹介するリンパマッサージ体操は、半身浴後のカラダが温まっている状態で行ってください。そのほうがリンパが流れやすいので効果的です。

マッサージする箇所は、脚、腕、お腹の3箇所です。痩せたい箇所は2回マッサージしましょう。脚を特に痩せたい場合は、脚→腕→お腹→脚の順番です。そして、これも必ず呼吸をしながら、ゆっくり行って下さい。早く行うより、ゆっくりの方がリンパが流れやすくなります。

また、全身運動にもなるので、最初は筋肉痛になる場合もあります。「カラダ洗いリンパ体操」はそのくらい効果があります。カラダ洗いリンパ体操のやり方は下記の動画で詳しく解説しています。

次の記事
【動画で実演】カラダ洗いリンパマッサージ体操のやり方

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。