1. ホーム
  2. 食事改善編
  3. ≫スロージョギングと朝バナナダイエットがストレスになってしまいました。

スロージョギングと朝バナナダイエットがストレスになってしまいました。

公津未佐妃です。朝バナナダイエットと、スロージョギングで一時的にダイエットに成功したけど、ストレスがたまり、お菓子がやめられない。というご相談について、回答いたします。

スロージョギング

質問:バナナ中心の朝食はやめたほうが良いのでしょうか?

3年前くらいからうつ病を患い、治療の過程で食欲減退、仕事も超多忙だったこともあり、バナナとバターロールしか食べられなくなり、医師からの「今は、なんでも口に入るもので栄養をとって」というアドバイスで、元々好きだった無調整豆乳と青汁、それにチーズを加えた生活をしていました。

これが3ヶ月くらい続き、たまたま知った「朝バナナダイエット」の影響もあって、

「朝はバナナやほかのフルーツ」
「昼はバターロール(またはオールブランの豆乳かけ)と卵と牛乳と青汁とプルーン3個」
「夜は野菜と肉か魚をご飯と一緒に」

という感じの生活が固定しました。それが、薬の影響もあったのか、一昨年の秋から昨年の春にかけてどっと痩せまして(便秘薬で便通が一気に良くなったこともあるかとおもいます)58kgが53kgに。ウエストラインもくびれて夢のようなスタイルに。

で、ちょうど「試してガッテン」でうつ症状の脳神経の改善にも効果があると紹介された「らくらくジョギング(スロージョギング)」を開始。しばらくは体調が悪くなることもなく、元気でした。

が、真夏にばてまして、51kgまで体重が落ち、さすがに参りまして、朝食を「バナナ」だけでなくと青汁豆乳・アーモンド、便秘がひどくなって薬も利かないので「効果がある」というプレーンヨーグルトを常備食に。ジョギングも次第に遠のきました。

で、秋から一気に体重増加。年末には60kgに。体脂肪も21%から25・6%間で増加。このプログラム開始直前には62kgを超えてしまいました。。

「らくらくジョギング(スロージョギング)」を再開してみましたが、どうも体が嫌がっていてストレスになり1週間で終了。

この頃の食生活は、上記の食生活で夕食に野菜を調理してしっかり食べていたものの、プラプレーンヨーグルトが1日2・3食(プルーンかりんごと一緒に)、干し柿・りんごを夕食後20時半ごろまでだらだらとストレス食い。

体重増・ストレスにより夜にどか食い・体重増という、負のスパイラルに入ってしまい、うつ症状も悪化。本当にやばくなりました。で、やっとコウヅ式にたどり着いたという感じで。

もうすぐで過食症・拒食症になるところだったのでは、と、昨日もストレスが爆発した後実家の母と話してから冷静になり、「思いつめ的」症状を再確認。今日は落ち着いています。

長くなりました。お聞きしたいのは、

1 「体重減」はうつの治療(薬の作用)や食生活の偏りからきていたのでしょうか。

2 その後の急激な「体重増(ウエストもきつすぎるようになりました)」は、極端にヨーグルト・チーズを食べる量を増やした結果でしょうか。便秘薬もあまり効かなくなりました。

3 朝食が「バナナ中心」の生活を止めたほうが良いのかとも考えているのですが、これについて精神的負担を感じていないので、「ほかの食材をプラスする」事でもよろしいのでしょうか。その場合は何がよろしいでしょうか。

4 3の「バナナが主食」の朝食は改めるべき、ということでしたら、どういうものに移行していったらよろしいでしょうか。

休業中でほとんど自宅におり、買物に出かける以外は動きませんし、元々「間食」という習慣がなかったので、3食で健康的に出来ればと考えています。ただ、今はストレスで、「スナック菓子・砂糖菓子」に眼が行ってしまい、「買わないようにする」こととの戦いで更にストレスを溜めてしまっています。

長々とした質問で申し訳ございません。何卒よろしくお願い足します。

回答:毎日バナナではなく、バランス良い食事で体質改善を。

1 「体重減」はうつの治療(薬の作用)や食生活の偏りからきていたのでしょうか。

公津未佐妃:
どのような薬を飲まれていたか分かりませんが薬の副作用で食が落ちたことで体重が落ちたのと食生活の偏り(カロリー制限)からの両方からだと思います。

2 その後の急激な「体重増(ウエストもきつすぎるようになりました)」は、極端にヨーグルト・チーズを食べる量を増やした結果でしょうか。便秘薬もあまり効かなくなりました。

公津未佐妃:
はい。動物性たんぱく質やお菓子を多く取ると腸内に悪玉菌が増え、便秘の原因になります。

3 朝食が「バナナ中心」の生活を止めたほうが良いのかとも考えているのですが、これについて精神的負担を感じていないので、「ほかの食材をプラスする」事でもよろしいのでしょうか。その場合は何がよろしいでしょうか。

4 3の「バナナが主食」の朝食は改めるべき、ということでしたら、どういうものに移行していったらよろしいでしょうか。

公津未佐妃:
フルーツ以外にスープや味噌汁や、野菜&フルーツの手作りジュースなどはいかがでしょうか。毎日バナナではなく、色々な食材を食べたほうが良いです。カロリーを減らすだけではやつれるだけですから、バランス良い食事で体質改善することが大切です。

休業中でほとんど自宅におり、買物に出かける以外は動きませんし、元々「間食」という習慣がなかったので、3食で健康的に出来ればと考えています。ただ、今はストレスで、「スナック菓子・砂糖菓子」に眼が行ってしまい、

公津未佐妃:
ほとんど動かなく家にいることが多いので食べてしまうのではないでしょうか?まず、毎日散歩する、半身浴する、掃除するなど意識して動くことも大切です。お菓子でストレス解消しても解決にはならないので、何か趣味を活かされては如何でしょうか?何かに熱中するとストレスが食に走らなくなりますよ。

次の記事
ダイエット成功のためには、パン食を完全にやめなければ痩せない?

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。