1. ホーム
  2. 食事改善編
  3. 代謝を上げる食べ物
  4. ≫代謝を上げる食べ物で「食べるダイエット」のススメ

代謝を上げる食べ物で「食べるダイエット」のススメ

代謝を上げる方法として、筋トレで筋肉量を増やす方法もありますが、女性の場合はなかなか筋肉がつきにくいものです。

そこで、今回は女性でも手軽に代謝をアップにつながる「食べながら代謝を上げる方法」をご紹介します。(もちろん、男性が実践しても効果はあります)

フォークを持った女性

ミネラル&ビタミンを摂取して代謝アップ

まず、代謝をアップさせるためにはミネラル&ビタミンを多く摂って下さい。これらは代謝を上げるためにとても大切な栄養素です。

ビタミン・ミネラルの主な働き

●ビタミンB群・B6
ダイエット中の神経を安定させ、ホルモンの代謝をあげてくれます。

●ビタミンB1
老廃物排泄効果アップ、疲労物質の分解してくれます。

●ビタミンB2
代謝がアップします。

ビタミンは野菜や根菜(人参・ゴボウ・だいこん)、果物に多く含まれています。ビタミンの多く含まれる果物としては下記の表を参考にしてみてください。(全て80 キロカロリー分の目安量になっています)

ビタミンの多い果物

そして、ビタミンだけ摂っても、ミネラルの摂取がないと吸収を下げてしまいますので、ビタミンとミネラル両方ともしっかり摂ることがポイントとなります。

ミネラルの主な働き

●ミネラル(カルシウム)
ダイエット中のイライラを軽減します。

●ミネラル(マグネシウム)
体内の水分を排泄します。

ミネラルはひじき、めかぶ、こんぶといった海藻類や、ミネラルウォーター(硬水)にとても多く含まれます。
※甲状腺肥大でヨード(ミネラル)は控えている人は一度、お医者さまに相談ご相談ください。ビタミン・ミネラルは生きていく上でも必要な栄養素です。

ダイエット中は、キノコ、海藻、野菜・果物をたくさん食べましょう

海藻、野菜や果物、そしてキノコなどからビタミン&ミネラルを摂取することで代謝が上がり、食べたものをより燃焼してくれるようになります。また、食物繊維も豊富ですので、便秘にも良いです。食べないダイエットはリバウンドがきます。キノコ、海藻、野菜はカロリーが少ないわりに栄養成分は多いので、ダイエット中でもたくさん食べてください。

■ ミネラル・食物繊維が多い食べもの

  • きのこ(まいたけ、しめじ、えのき、しいたけ)
  • 根菜(大根、人参、ごぼう)
  • 海藻(めかぶ、こんぶ、わかめ、もずく)
  • 豆(豆腐、納豆)

また、1日の野菜摂取目標量は厚生労働省「健康日本21」で制定された目標数値で350gと言われています。

野菜

350gが実際、どれぐらいの量なのかというと野菜5種類(約70g×5で350g)の例をあげてみますので参考にしてください。

■野菜350gの目安

  • トマト(中)1/2個(プチトマトなら5 個)
  • ほうれん草 約3株
  • にんじん 中1/2個
  • キャベツ 大きめの葉1枚
  • もやし 少量パック(150g)の半分くらい

また、簡単な目安は野菜のおかず1皿70gとして「5皿分」です。おひたしなどの火を通した野菜は「にぎりこぶし1つ分」で約70gです。生野菜の場合「両手に1杯分」で約70g です。

コウヅ式体質改善ダイエットでは「1日400g」を目標にして、うち120g以上を緑黄色野菜で摂取することを推奨します。色の濃い緑黄色野菜には、各種のビタミン、β-カロチンや食物繊維を豊富に含んでいるからです。

代表的な緑黄色野菜はにんじん、ピーマン、小松菜、ほうれん草、トマトなどです。代謝を上げるためにも、ぜひ野菜は多めに摂取する習慣を身につけてください。

キノコ、海藻、野菜、果物、硬水に含まれるビタミン&ミネラルは、代謝を上げて、食べたものを消費できるカラダになるために、ダイエット中は特にたくさん摂取することが大切です。

次の記事
あなたの代謝や消化機能を低下させているのは「酵素不足」が原因?

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする?


※メールアドレスは公開されません。