1. ホーム
  2. 食事改善編
  3. ≫食べる量が少ないのに痩せないでどんどん太る原因と対策を見つける方法

食べる量が少ないのに痩せないでどんどん太る原因と対策を見つける方法

「食べる量が少ないのに痩せられない」「どんどん太る」というご相談をよくいただきますので、原因と対策をみつける方法について回答をシェアしておきます。

考える女性

相談:どうして痩せられないのかわかりません。

私は現在、身長150cm、体重73kg、体脂肪率45%です。30才の時に鬱状態になり、その時服用していた薬の為か、一気に20kg太ってしまいました。

処方される時に「この薬はあなたを生かす薬だから。副作用が出ることもある。」とは言われていましたが思考力の低下していた私には何も考えることが出来ませんでした。

実際、20kg太ったことに気付き愕然として、慌てて薬を止めた途端、今度は一切食事を取らなくなってしまい、何故あの薬が処方されたのか後になって分かりました。

その後、回復はしたものの体重はそのままだった為、ダイエットを開始しました。しかし、代謝が落ちてしまったのか食事や運動を続けても2~3kgをいったりきたりで早10年が経とうとしています。現在の食事内容ですが、

朝食:リンゴジュース(ストレートタイプ)150cc
   スープ(味噌汁椀)1杯
   ~サツマイモ・トマト・ブロッコリー・玉ねぎ・
   しめじ・豆腐・赤身の牛肉をコンソメスープで煮た物です。

昼食:ご飯(70g)・味噌汁1杯・日替わりおかず

夕食:朝食と同じスープ・ご飯・目玉焼き・野菜ジュースで割った香醋

日中は水筒でお茶を持って行って、10時・昼・15時の3回に分けて1.5リットル、朝と夜にもそれぞれお茶を200cc程度は飲んでいます。トイレは水分を取って1時間以内には行きたくなりますし、排便も1日1回は最低あります。

お風呂は半身浴で短くても30分入るようにしています。寝る前には、無印良品のホホバオイルを使ってリンパマッサージをしています。以前は毎朝むくんで痛かったのが、これで治りました。ただ、脚だけしかしてません。

困っているのは食事です。先ほど書いたスープですが、実は日曜日に1週間分作っています。料理があまり得意でないことと、残業が多いので帰ってきて作る気力がないのが理由です。これで問題ないのかいつも心配です。

ずっと頑張っているのですが、時々「自分の何がいけないのかな…。」と悲しくなってしまいます。周囲からも「食べるの少ないのに痩せないよね」とよく言われます。

海外旅行へ行っても、量が多いので自分のは頼まず、友人のを分けて貰って済むくらい大食いでも何でもないのに、どうしてなんでしょうか。体調を崩すことも多いので、とにかく健康な身体を手に入れたいのです。アドバイス頂ければ、幸いです。長文、乱文お許し下さい。

回答:長期的に原因を探りながら、結果を焦らないで取り組みましょう。

現在の食事内容ですが、朝食:リンゴジュース(ストレートタイプ)150cc

ストレートジュースであっても果物は生で食べたほうが良いです。

昼食:ご飯(70g)・味噌汁1杯・日替わりおかず
夕食:朝食と同じスープ・ご飯・目玉焼き・野菜ジュースで割った香醋

夜に卵や野菜ジュースは摂取しなくて大丈夫です。

1.5リットル、朝と夜にもそれぞれお茶を200cc程度は飲んでいます。

朝の水分をもっと増やしてください。

起床時:白湯400ml
就寝前:100ml

程度でOKです。

お風呂は半身浴で短くても30分入るようにしています。寝る前には、無印良品のホホバオイルを使ってリンパマッサージをしています。以前は毎朝むくんで痛かったのが、これで治りました。ただ、脚だけしかしてません。

とても良い習慣なので継続してください。リンパマッサージの際、ホホバなアロマをプラスすると利尿作用、毒素排泄効果があります。ホホバ100mlに対して5~10滴程度アロマをプラスしてみてください。サイプレス・ジュニパー・ローズマリーなどはダイエット効果が高い精油です。

先ほど書いたスープですが、実は日曜日に1週間分作っています。料理があまり得意でないことと、残業が多いので帰ってきて作る気力がないのが理由です。これで問題ないのかいつも心配です。

一週間単位でも問題ありませんが、翌週は多少具材を変えたほうが良いと思います。赤身牛肉ではなく、鳥ささみが良いかと思います。

ずっと頑張っているのですが、時々「自分の何がいけないのかな・・・。」と悲しくなってしまいます。

マッサージ、食事など十分気をつけられているので改善は必ずしますよ。焦らないことです。

周囲からも「食べるの少ないのに痩せないよね」とよく言われます。

あとはエネルギー代謝が低いと思いますので、歩くことをまず行ってください。まずは1日8000歩目指してください。

体調を崩すことも多いので、とにかく健康な身体を手に入れたいのです。

今の食事内容を少し変える程度にして、無理な食事制限はしないでくださいね。代謝が余計に落ちてしまいます。

健康面を考えても体重、体脂肪を落としていいきたいですね。「体重が落ちない」「どんどん太る」のは必ず原因があります。その原因は人それぞれ異なります。日々の食事や生活の記録をもう少し長期的に把握できれば、原因や代謝を上げる方法もみつかると思います。

まずはダイエット日記を記録していき、「体重が減らないし、落ちないし、どんどん太る・・・」そんな原因となる行動はしていないか、焦らず長期的な視点でチェックしてみてください。
ダイエットの停滞期を脱出するための食事方法

次の記事
朝フルーツダイエットをしてもあまり効果が得られない?

スポンサーリンク

この記事が参考になりましたら、ぜひシェアをお願いします。